【Photoshop】円形の領域の選択・不規則な形の選択方法

スポンサーリンク
Photoshop

部分的に写真の色を変更したり、不要な部分を削除したりしたい場合、正確な領域選択が常用なポイントとなります。

多くの場合、長方形選択ツールや楕円形選択ツールで広い領域を選択し、なげなわツールやマグネット選択ツールなどで細かな部分を選択します。

まずは、長方形選択ツールと楕円形選択ツールで領域の選択操作になれましょう。



ツールパネルで楕円形選択ツールを選択する

画像ファイルを開き、「ツールパネル」で「楕円形選択ツール」を選択します。

楕円形選択ツールは、「長方形選択ツール」ボタンを長押しすると表示される一覧にあります。

なお、四角形を領域を選択したい場合は、「長方形選択ツール」を選択します。

ドラッグして目的の領域を選択する

選択領域が目的のサイズになるまでドラッグします。

選択領域は点線(アリの行列)で示されます。

なお、正円の領域を選択する場合は、キーボードでShiftキーを押しながらドラッグします。

選択領域を追加・削除するには

「楕円形選択ツール」や「長方形選択ツール」などで領域を選択したあとに、選択領域を追加したい場合は、キーボードでShiftキーを押しながら目的の領域をドラッグします。逆に、選択領域を領域を減らしたいときは、option(Alt)キーを押しながら目的の領域をドラッグします。

不規則な形を選択しよう

例えばビルや本などのような、直線が多い被写体を選択したいときは、多角選択ツールを利用すると便利です。

多角形選択ツールは、被写体の周囲をクリックしていくだけで、直線で囲まれた範囲を選択できます。

被写体の範囲を手際よく選択したい場合などに便利です。

始点となる位置をクリックする

画像ファイルを開き、「ツールパネル」で「多角形選択」ツールを選択して、始点となる位置をクリックします。

「多角形選択ツール」は、「なげなわツール」ボタンを長押しすると表示される一覧で選択します。

次に位置をクリック

輪郭の周辺に沿って、クリックして領域を設定していきます。

ビルのような直線を含む領域を選択する場合は、被写体の頂点をクリックして、選択領域を指定していくとよいでしょう。

始点まで戻って領域を閉じる

被写体の周囲をクリックして、始点まで戻ってくるとマウスポインターの形がアイコンに変わるのでクリックし、領域を閉じます。

これでビルの選択範囲ができます。

フリーハンドで選択する方法

長方形選択ツールや多角選択ツールなどでは選択しきれない、微妙な領域を選択したい場合は、なげなわツールを利用しましょう。

なげなわツールでは、被写体の輪郭に沿ってドラッグし囲むと、囲んだ領域を選択できます。

微妙な領域を選択したり、選択領域を修正したりする場合に便利です。

輪郭に沿ってドラッグを開始する

画像ファイルを開き、「ツールパネル」で「なげなわツール」を選択して、選択したい範囲に沿って、ドラッグを開始します。

ここでは「なげなわツール」を用いた選択を行っているので、「大まかな」選択範囲となります。このような被写体をもっと正確に自然に囲む選択範囲を作成する場合は、「選択とマスク」や「覆い焼きツール」などを用いて選択します。

始点まで戻ってくる

ドラッグしながら始点まで戻ってくると、囲まれた範囲が選択されます。

始点まで戻らずにドラッグをやめると、ドラッグをやめた位置から始点に向かって直線が引かれて、囲まれた範囲が選択されます。

選択範囲の追加・削除を併用する

「なげなわツール」だけで一発で選択するのは、実際はなかなか難しいでしょう。このうな場合は、選択範囲の追加と削除を繰り返しながら、何回かにわけて作成していくとようでしょう。選択範囲を追加するには、キーボードでShiftキーを押しながら、追加する範囲を囲むようにドラッグします。余分に選択した範囲を削除するには、キーボードでoption(Alt)キーを押しながら、不要な範囲を囲むようにドラッグします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Photoshop
Photoshopの使い方

コメント