【Photoshop】画像の中の特定の色の選択方法と画像のボケの強さに応じて選択

スポンサーリンク
Photoshop

画像の中の特定の色だけを選択したい場合は、「色域指定」ダイヤログを利用します。

「色域指定」ダイヤログでは、クリックした位置の色と似た色を選択できます。

また、色の選択に許容量の幅を指定することができ、特定の色の範囲を指定したい場合に便利です。

特定の色を選択方法を解説



1.「色域指定」ダイヤログを表示する

「選択範囲」メニュー→色域指定を選択して「色域指定」ダイヤログを表示します。

2.選択する色を指定する

マウスポインターの形が剣のようなアイコンになるのdえ、選択したい色の部分をクリックし、プレビューで確認します。

色を追加する場合は、キーボードでShiftキーを押しながら目的の色をクリックします。

目的の範囲が選択されたら、「OK」ボタンをクリックします。

すると、似た色の部分の選択範囲が作成されます。

画像のぼけの強さに応じて選択

ピントが合っている部分だけを選択しちあなどのように、ピンとやぼけの強さに応じて領域を選択したい場合は、「焦点領域」ダイヤログを利用します。

これは、ピンとの合っている範囲の許容量を指定して、選択領域を設定することができます。

CC 2014からの新機能です。

ピントの合っている範囲の選択について解説

1.「焦点領域」ダイヤログを表示する

画像ファイルを開いて「選択範囲」メニュー→焦領域を選択し、「焦領域」ダイヤログを表示します。

「焦点領域」機能はCS6、CCにはありません。

2.焦点範囲を指定する

ピントの合っている範囲の許容範囲を、「焦点範囲」スライダーをドラッグして調節します。

3.選択範囲を調節する

選択範囲を調節したいときは、「焦点領域加算ツール」を選択して、目的の場所をドラッグします。

また、不要な部分を削除したい場合は、「焦点領域減算ツール」を選択しドラッグします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Photoshop
Photoshopの使い方

コメント