【Photoshop】画像をカプセル化して非破壊編集する方法

スポンサーリンク

画像は拡大・縮小を繰り返すと、それだけで画質が劣化してしまいます。

画質の劣化が起こらないようにするには、レイヤーをスマートオブジェクトに変換しておくと良いでしょう。

スマートオブジェクトは、画像の情報をベクトル情報として保持でき、画像の編集を繰り返しても、情報の間引きなどによる劣化が起こりません。



レイヤーパネルのパネルメニューを表示する

目的のレイヤーを選択し、「レイヤーパネル」のボタンをクリックしてパネルメニューを表示します。

スマートオブジェクトのメリットとデメリット

画像をスマートオブジェクトに変換すると、元の画像の情報をベクトルデータとして保持することができ、編集による画像の劣化を避けられます。

また、スマートフィルターで加工することで、元の画像を損なわずにさまざまな効果を適用できます。

しかし、元の画像の情報を保持している分、ファイルサイズが大きくなるデメリットもあります。

画像をスマートオブジェクトに変換する

パネルメニューでスマートオブジェクトに変換を選択すると、画像がスマートオブジェクトに変換されます。

画像がスマートオブジェクトに変換

画像がスマートオブジェクトに変換され、レイヤーのサムネールにスマートオブジェクトを示すアイコンが表示されます。

スマートオブジェクトにスマートフィルターを設定する

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Photoshop
スポンサーリンク
Photoshopの使い方

コメント