【Photoshop】繊細な領域を効率的に選択したり選択範囲を保存して呼び出す

スポンサーリンク
Photoshop

なげなわツールや自動選択ツールを駆使しても、髪の毛など、繊細の領域の線tなくには大変時間と手間がかかります。

このような場合には、「選択とマスク」機能を利用すると便利です。

「選択とマスク」では、境界線調整ブラシツール被写体の境界線をなぞるだけで、繊細な部分もきれいに選択できます。

ここでは、繊細な領域の選択と選択範囲の保存を解説位します。



1.「選択とマスク」機能を表示する

画像ファイルを開き、「なげなわツール」などで被写体を大まかに選択しておきます。

「コントロールパネル」に表示される「選択とマスク」ボタンをクリックします。

2.被写体の境界線を調整する

選択されていない部分が白く表示されるので、「ツールパネル」で「境界線調整ブラシツール」を選択し、被写体と背景の境界線をドラッグします。

3.選択領域をレイヤーマスクとして保存する

境界線の調整が完了したら、「エッジをシフト」のスライダーをドラッグして、境界線を微調整します。

マイナス方向にドラッグした方が境界線をシャープに選択できます。

「出力先」にレイヤーマスクを選択し、「OK」ボタンをクリックすると、選択した領域が保存でれます。

選択範囲を保存してから後で呼び出す

さまざまな方法で選択された選択領域は、アルファチャンネルとして保存することができます。

アルファチャンネルは、編集の際に利用されるチャンネルで、選択領域の関する情報を保存することができます。

アルファチャンネルに補zんされた選択領域の情報は、あとから呼び出すことができ、編集の際に便利です。

ここでは、選択範囲の保存と選択範囲の再利用について解説

1.選択範囲をアルファチャンネルに保存する

被写体の選択範囲ができる状態で「チャネルパネル」を表示し、「選択範囲をチャネルとして保存」ボタンをクリックしtえ、アルファチャンネルを作成します。

2.保存した選択範囲を呼び出す

保存した選択範囲を呼び出すには、「選択範囲」メニュー→選択範囲を読み込むを選択し「選択範囲を読み込む」ダイヤログを表示します。

3.読み込む対象にアルファチャネルを指定する

選択範囲を読み込む対象として、保存されたアルファチャンネルを選択して「OK」ボタンをクリックすると、選択範囲が表示されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Photoshop
Photoshopの使い方

コメント