【Photoshop】全体のノイズを軽減する方法

スポンサーリンク
Photoshop

デジタルカメラで撮影すると、高感度ノイズや長時間露光ノイズが乗る場合があります。

また、アンダーの画像を明るめに調整した場合にもノイズが目立ってしまうことがよくあります。

ノイズを極端に処理すると粒状態を残すように処理を行いましょう。

ここでは、露光の調整、Camera Rawフィルターの「基本補正」やノイズの軽減、Camera Rawフィルター「デティール」など



1.Camera Rawフィルターを使用する準備作業

ノイズを軽減させる機能としては「Camera Rawフィルター」でもノイズ軽減機能が搭載されています。

「Camera Rawフィルター」はPhotoshop内のフィルターですが、個別のRAW現象エンジンを使用するため、プレビュー画面が暗めに表示されるので、「基本補正パネル」の「露光量」を「+0.50」に設定して補正し、適用する前に「露光量」を「0」に戻す必要があります。

準備に手間はかかりますが、調整モジュールの機能は「ノイズを軽減」より調整幅が広いためよりよい結果が得られます。

2.画面を補正前と補正後に切り替える

元画像を開き、初期表示の「基本補正パネル」で「露光量:+0.50」としたら、補正パラメーター状のアイコンを「ディテール」に切り替えます。

プレビュー画面左下の「%」を「100%以上」に設定、プレビュー画面右下の「Y」愛おkんをクリックし、補正前、補正後の分割画面に切り替え、左上の「手のひらツール」でノイズや境界が見やす位置に移動させます。

Camera Rawフィルターによるノイズ軽減

「ノイズ軽減」の「カラー」スライダーでカラーノイズがなくなるまで調整し、「色の滑らかさ」スライダーを左右に大きく移動させてノイズのトーンがなくなく位置に移動させます。

調整をかけるとアクティブになるプレビュー右下のアイコンをクリックし「補正前」に移動させ、「ノイズ軽減」の「輝度」でノイズのエッジが滑らかになるように調整します。

このときモアレのような模様が出ている場合は、「輝度のディテール」の数値を下げて調整し、全体のコントラストが失われた場合は、「輝度のコントラスト」で調整します。

ノイズ軽減の調整をかけるとエッジのシャープ佐賀失われてしまうので、「シャープ」の「適用量」を上げて調整し、最後に「基本パネル」に戻して「露光量」を「0」にして「OK」をクリックし適用させます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Photoshop
Photoshopの使い方

コメント