2019-03

Photoshop

【Photoshop】よく使う色調補正の基本機能(トーンカーブ)

写真を意図した形に仕上げるとき、色調補正は欠かせない作業です。 たくさんある色調補正のち外を把握して、写真に適したものを選択しましょう。 数ある中でも最低限知っておきたいものを中心に解説します。 レベル補正 画像の中のシャド...
Photoshop

【Photoshop】チャンネルとは?

デジタル画像を扱う上で、ぜひ知っておきたいのが「チャンネル」についての知識です。 これをきちんと把握できれば、色調補正において色をうまく扱えるようになります。 ここでは、チャネルについての基本的な知識を解説しています。 チャン...
Photoshop

【Photoshop】色調補正の基礎知識

色調補正には、デジタル画像についての深い知識が必要です。 しかし、これらの知識は奥が深く多岐にわたり、すべてを理解するのは時間がかかります。 ここでは、色調補正をする上で最低でも知っておきたいものに焦点を当ててみます。 色相、...
Photoshop

【Photoshop】写真を補正する方法

写真の状態を目的に合わせて調整しておくことを、総じて「補正」と呼びます。 それでは、写真を補正するとは具体的にどういうことなのでしょうか。 ここでは、その必要性から種類まで、写真補正についての概要を解説します。 補正はなぜ必要...
Photoshop

【Photoshop】画像の中の特定の色の選択方法と画像のボケの強さに応じて選択

画像の中の特定の色だけを選択したい場合は、「色域指定」ダイヤログを利用します。 「色域指定」ダイヤログでは、クリックした位置の色と似た色を選択できます。 また、色の選択に許容量の幅を指定することができ、特定の色の範囲を指定したい...
Photoshop

【Photoshop】レイヤーの不透明部分だけの選択方法と繊細な領域の選択

特定のレイヤーの不透明の部分だけを選択したい場合は、レイヤーパネルに表示されているサムネイルをキーボードのCommand(ctrl)キーを押しながらクリックします。 目的のレイヤーの不透明な部分が点線で囲まれて表示されます。 ここで...
Photoshop

【Photoshop】繊細な領域を効率的に選択したり選択範囲を保存して呼び出す

なげなわツールや自動選択ツールを駆使しても、髪の毛など、繊細の領域の線tなくには大変時間と手間がかかります。 このような場合には、「選択とマスク」機能を利用すると便利です。 「選択とマスク」では、境界線調整ブラシツール被写体の境...
Photoshop

【Photoshop】ペンツールで作成したパスを選択範囲に変更する方法

ペンツールを利用すると、アンカーポイントとハンドルを操作して、自由かつ正確にパスを描くことができます。 細かい部分まで正確に選択範囲を指定したい場合は、このパスを利用することで、狙い通りの選択範囲を作成することができます。 ここでは...
Photoshop

【Photoshop】複雑な形をかんたんに選択する方法

複雑な形をかんたんに選択したいときは、クイックマスクを使うと便利です。 クイックマスクを利用すると、選択部分と非選択部分が色分けされ、必要な部分を的確に選択できます。 また、領域の選択にはブラシツールを利用するため、ブラシの太さ...
Photoshop

【Photoshop】ドラッグ操作でかんたんに選択する方法

クイック選択ツールは、色やコントラストの差を検知して、自動的に被写体の範囲を選択できる便利なツールです。 被写体の色やコントラストが背景と比較的はっきりと区別できる場合は、クイック選択ツールで目的の範囲をドラッグするだけで、かんたんに...