【Photoshop】画像の選択とは?

Photoshop

「選択」とは、画像の中で編集の対象となる範囲を指定することです。

Photoshopには、選択のための機能が数多く用意されていますので、これらを目的によってうまく使い分け、効率よく選択することが重要です。

選択範囲とは?

多くの画像編集ソフトでは、画像全体ではなく一部の範囲だけに編集を加える作業も少なくありません。

Photoshopも同様です。

このとき、「今からここだけ編集しますよ」というように範囲を指定するのが「選択」です。

選択によって指定された範囲を「選択範囲」と呼び、画面状では動く点線で表示されます。

ちなみに、この点線は「アリの行進」や「アリの行列」と呼ばれることもあります。

用途で選択方法を使い分ける

Photoshopには、選択範囲を作成するためのさまざまなツールや機能が用意されています。

よく使われるケースごとに、どのような機能を用いるかを簡単に紹介します。

おれらの使い分けが、効率的な選択の第一歩と言えるでしょう。

直線や楕円などの形に選択

最もベーシックな選択系のツールを使います。

「長方形選択ツール」、「楕円形選択ツール」、「多角形選択ツール」などの選択ツールを使えば、規則的なラインで構成される形の多くは選択可能です。

曲線を含んだ自由な形に選択

「だいたいの形」でいいのであれば「なげなわツール」でざっくりと選択、シャープで正確な選択が必要なら「ペンツール」でバスを作成し、それを選択範囲に変換するのが一般的です。

似たような色の範囲を選択

指定した場所と近い色を選択する「自動選択ツール」や「クイック選択ツール」を使うのが最もかんたんです。

また、「色域指定」の機能を使えば、より高度に近似色だけを選択できます。

毛などの細かいものを選択

「クイック線t飼うツール」だけでは選択しづらい樹木や髪の毛などの細かい範囲は、「選択とマスク」の機能を併用して選択範囲を細かく調整します。

ブラシを使って選択の境界を部分的に調整するなど、より高度な選択範囲の編集が可能です。

背景のぼけた写真で被写体だけを選択

焦点領域

新しいバージョンでは、「焦点領域」の機能を使うことで、画像のぼけの強さに応じた選択が可能です。

写真の状態によっては、とてもシンプルな手順で簡単に選択できます。

最初にこの方法で大まかな選択をしてから、「選択とマスク」を使って線t飼うを細かく調整していく手法も有効です。

コメント